大往生

| コメント(0) | トラックバック(0)

90を過ぎれば、訃報はある種のお祝いごとかもしれないけれど、

一つの時代の終わりを感じさせて、お祝いできない気持ちにさせられる往生もある。

 

コーラとお肉と、何よりも鉄道模型をこよなく愛するおじさま。

お会いする機会は少なかったけれど、

振り返ると、自分の在りようを考える時には、いつも必ず登場する存在で、

何十年も前にいただいた野いちごの刺繍のハンカチを

使わずに大切にしまっていたことを思い出す。

 

おそらく、与えられた(押しつけられた)役割のなかで、

自分の興味・大切にしたいことを、シンプルに貫き通す気持ちと、

それを実現するための方略について一生懸命で、

それでいて、周りのことにも、一生懸命。

同時に、ワークとかライフとか、そんなカテゴリーわけに何の意味があるのかと、

周りの人に突きつけながら、ただシンプルに興味と大切にしたいことだけにまっしぐらな姿だけがよみがえる。

 

順番だから仕方がないけれど、それだけでは納得できない寂しさを感じる大往生。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.denko-corp.com/mt/mt-tb.cgi/125

コメントする