2011年2月アーカイブ

21.0975km

| コメント(0)

ハーフマラソンの距離は、21.0975km。

 

0.0975kmって・・・

97m50cm。

 

陸上競技で、中途半端な距離って言うと、

110mハードルとか、

42.195kmのフルマラソン。

それでも、メートル単位で小数点無しで収まる。

 

100m走みたいに距離で表現すると、

ハーフマラソンは21.0975km走になる。

 

第29回三浦国際市民21.0975km走!

シマらね~

 

21.0975kmを完走するために、結局2月は80kmほどしか練習できず。

体重も減らず。

どうなるか?

 

1週間前・・・

| コメント(0)

今日は東京マラソン!

今年は天候に恵まれたみたいね!

昨年のブログを見たら、寒くて冷凍マグロみたいになっちゃうと書いてあった。

 

冷凍マグロと言えば、三崎のマグロ。

一昨日、いつもお世話になっている仲卸の社長のご好意で、三崎の市場へ!

いつも行くのは「消費地の市場」、三崎は「産地の市場」。

丸太んぼうのような冷凍マグロが次々とセリ場に運ばれてくる。

MSK_1192.JPG

マイナス60℃のコールドチェーンを除いては、超原始的なやり方だけど、

それだけに手際の良さが目を引く。

 

その三崎への往復で、奇しくも1週間後にひかえた

三浦国際市民マラソンのコースの下見ができてしまった。

前半は若干起伏激しいが、後半は右手に海を見ながら気持ちよく走れそうな感じ。

 

あとは天気だね。

今日の東京マラソンみたいに気持ちよく走れるといいな~

ちなみに、今日17時の週間予報によると、3月6日の神奈川県三浦市の天気は、

曇時々晴、最高気温13℃、最低気温5℃、降水確率20%だって。

まずまずかな!

 

似て非なるもの

| コメント(0)

セブン-イレブンと微分・積分

 

何かの拍子で積分の話をしていた時。

ふと頭に思い浮かぶ。

 

似てる・・・

 

ブン-イレブン

ブン・セキブン

 

だから何?

 

足がつる

| コメント(0)

最近、足がつりやすい。。。

ハムストリング!

 

マラソンのレースを3/6にひかえ、練習のし過ぎ?

ではなく、むしろ、練習できていない。

それに、マラソンのレース前に足がつりやすくなったことは過去にない。

 

心当たりは体重が80kgを切らないことぐらいしかない。

ということは、過去と同じような練習でも、体重増加分だけ、足が悲鳴をあげているのか?

500mlペットボトル16本分の負荷が、悪さをしているのか・・・?

 

とりあえずダイエットは諦めることにした。

本番まで1週間、急激な絞り込みはかえって危険だもんね。

となると、練習とは別の方法で脚を強化しなければならない。

 

インターネットで調べると、特定の栄養素で足がつるのを防止できるとのこと。

マグネシウムやビタミンB1、タウリンなど・・・

ビタミンB1とタウリンは、普段の食生活で摂取できているので、

マグネシウムはサプリメントで補うことにした。

本当やイヤだけど、完走には代えられない!

 

レース9日前。

間に合うか?

 

信州撤退

| コメント(0)

諸事情により、信州ド田舎プロジェクトから撤退。

理由はともかく、学ぶところの多い信州Pだった。

 

特に隠蔽体質!

年末から年明けにかけて、違法行為が3つ発覚した。

過ちを正すべく進言したが、素知らぬ顔。

それもそのはず。

先生と頼る税理士もグルだから。

グルところか、それを指南している。

税理士先生の指南だから、動じるはずもない。

で、その大先生が税務署に顔が効くから、力技で押し通せてしまう。

苦しい田舎産業を見かねて手を染めたんだろうけど、

それを正さないと、先はない。

やっかいなのは、後継者のいないケースが多いから、

高齢の経営者たちは、自分たちが元気な間だけ凌げればいいという逃げ切り態勢。

5年後、10年後のことは一切考えていない。

村役場や農協も皆同じ。

ちょっと悲しいけど、田舎の現実を身をもって体験した。

 

お相撲や政治の世界もそう。

NG業界には隠蔽体質が付きまとう。

悪いことを隠すことだけに労力を費やし、気が付いたら真っ黒な雪ダルマができている。

いくら上から白い雪を重ねても、白くはならない。

クロが透けて見えてしまう。

一度全部溶かして、新たに作り始めなければいけない。

そういう苦労は厭わないけど、違法行為の片棒を担ぐ気にはなれない・・・

という経緯での撤退。

 

昨日、知り合った方々へのご挨拶も兼ね、RAV4を手放しに信州へ!

rav4.jpg

よく考えれば、これも成果!

これがなければ、一生ペーパードライバーだったかもしれないからね!!

 

変なおじさん?

| コメント(0)

事務所に入ると、女性のマネキン。

店頭で販促とかするマネキンではなく、衣服の展示に使う方のマネキン。

頭がなく、腕も途中まで、足もないタイプのマネキン。

それが、リュック掛けに使われている。

 

服は着てないから、マッパにリュック!

なにゆえ~???

 

お仕事関係で紹介していただいた人の事務所なんだけど、

仕事の作り方や趣味に至るまで、共通点も多く、ボンヤリだけど明るい未来が見える。

 

よろしくお願いします!

 

オリーブハマチ

| コメント(0)

四国ネタもそろそろ尽きたかと思いきや、

おさかなマイスター アドバイザーらしく、さかなネタで締めてみる。

 

香川県はハマチ養殖発祥の地。

それもあって、数年前からブランドハマチ3兄弟を売り出している。

 ◆長男: ひけた鰤

 ◆次男: なおしまハマチ

 ◆三男: オリーブハマチ

 

その中でも味が良いと言われているのがオリーブハマチ!

天然では食す機会の無いオリーブの葉の粉末を、エサに混ぜて食べさせる。

ちなみにオリーブは香川の県木。

天然なら出会わないという意味では、ビールを飲ませた牛みたいなものかな?

 

初めて食べたけど、特に感動も無く、メタボ脂身は、他の養殖と大差ない感じ。

う~む・・・

店員に「オリーブハマチって何?」と尋ねると、

「今、売り出し中なんです」と言うだけで、どのように育てるのかも理解していなかった。

勉強しなきゃね!

 

それにしても、むやみやたらと、さかなをブランド化する傾向には少々呆れる。

ネーミングはブランディングのプロセスの一部でしかないのに、

ネーミング=ブランディングと思っている輩は、名付け終わると知らん顔。

そりゃないよ~

ブランディングはお客さまをはじめとする関係者との信頼関係構築プロセスそのものだから、

名前を付けた後が本番だよ!

 

オリーブハマチ。

味はまだまだだけど、「天然」の「産地依存型」のブランドが横行する中で、

「養殖」の「特長創造型」のブランドを育成しようとする試みには敬意を表したい。

 

サンライズ瀬戸

| コメント(0)

日本の寝台特急は年々減少している。

2年前には、東京-九州方面を結ぶ「富士」「はやぶさ」が廃止。

昨年は、上野-金沢を結ぶ「北陸」が廃止。

 

今はざっくり5種類が残っている。

 ■カシオペア・北斗星〔上野⇔札幌〕

 ■あけぼの〔上野⇔青森〕

 ■トワイライトエクスプレス〔大阪⇔札幌〕

 ■日本海〔大阪⇔青森〕

 ■サンライズ瀬戸・出雲〔東京⇔高松・出雲市〕

 

鉄道では益々新幹線網が拡充して、年々短時間で効率的に移動できるようになってるけど、

昔ながらの寝台列車を楽しむゆとりも持ちたいね!

 

ということで、四国からの帰りに利用したサンライズ瀬戸!

SST_1.jpg

↑↑↑車内でもらったパンフレット。

洗練されたというよりは、昔懐かしい感じのデザイン。

なんかホッとするね~

 

中はこんな感じ↓↓↓

SST_2.jpg

↑↑↑各部屋に置いてあるハガキ。

なんとなく部屋の様子が分かるかな~

 

ふた昔前と比べると、随分キレイな雰囲気。

私が以前に乗ったのは、ブルートレイン全盛の時代で、

「サンライズ」が付かないタダの「瀬戸」。

別物のような、格段の快適さ。

 

独特の振動が心地良い眠りを誘う。

いいね~

 

今度は、北を攻めるか・・・

 

限りなくどうでもいい話

| コメント(0)

時代劇専門チャンネルをちょくちょく観ている。

ここ数ヶ月は影の軍団にハマっている。

影の軍団と言えば、千葉真一とJAC中心のアクション時代劇の金字塔。

 

先月から、影の軍団Ⅳに突入。

そこに石田純一が出演中!?

軍団の一員として!??

 

JACのイメージと石田純一のイメージがどうしても合わない。

 

千葉真一が、JJサニー千葉に改名したのは、「一」の字が重なっていたから?

「一」を見ると、影の軍団Ⅳのキャスティングミスを思い出しちゃうから???

んな訳ないよね。

 

どうでもいい話。

 

血迷った?

| コメント(0)

約1年前、ブルーに業態転換した近所の吉野家

が、またオレンジに戻ろうとしている(現在工事中)。

 

①誰に(ターゲット)

②何を(提供価値)

③どのような方法で

提供するかを考えれば、

①を誤り、②と噛み合っていないのに、③をいくらイジっても、無意味なのは明白。

 

次は看板が青に戻るか、

関係者の顔色が青くなるか、

注視していきたい。

 

浦島太郎

| コメント(0)

目を閉ざしていると、変化に気付かないことがある。

その世界に興味がなければ、気付かないままでも何の影響もないけど、

接点を持ってしまうとそうはいかない。

 

四国でレンタカーを借りた時の話。

日産のNOTE!

借りる時についつい聞いてしまった「スマートエントリー」と「脚踏み式のパーキングブレーキ」。

 

そもそも、昨年信州通いに必要なRAV4を購入し、やむを得ず運転を再開していなければ、

今回もレンタカーを借りることはなかった。

信州ド田舎プロジェクトがなければ、もしかしたら、生涯運転をすることがなかったかもしれない。

でもド田舎プロジェクトに巡り合って運転を再開してしまったが故に、四国でレンタカーを選択した。

 

私が所有するRAV4は10年以上前の年季の入った古いタイプ。

カギも付いているし、パーキングブレーキも昔ながらのレバーを手で引くタイプ。

 

ところが・・・、

NOTEはカギがなく、サードブレーキもない。

知ったかぶりは危険なので、素直に、

「カギがないのにどうやってエンジンかけるんですか?」

「サイドブレーキありませんけど・・・?」

と聞いたら、クスッと教えてくれた。

 

運転を再開しなかったら出会わなかったこれらの機能。

進歩には驚いたけど、車そのものに対する興味は芽生えず・・・

 

うん、この世界に関しては、浦島太郎のままでも、特に気にならないようだ(笑)

 

中央卸売市場で友人に会う

| コメント(0)

私が通う市場は毎月第一・第三土曜日に一般開放し、市民との交流を図っている。

図っている。。。

が、思うほど人が来ないから、空回り気味・・・

 

1年間通って一度も見たことないから、「見に来いよ~」と誘われて行ったけど、う~ん・・・

今日はNHKとフジテレビのカメラが入ってたけど、どこを撮るか迷っていた(苦笑)

 

人が集まるのは、魚河岸汁(味噌汁)の無料配布と鮪の解体ショー!

解体ショーもピンキリで、私がお付き合いしている大将は客あしらいも含めて上手!

でも、他は地味~な感じで、普通にさばいているだけって感じ。。。

人もまばら。。。

 

そんな中、意外な人物に遭遇。

親の代からの中華料理屋を継いだ、高校時代の同級生。

いつも仕入れに来ているらしいが、今日は家族サービスで子供連れ。

彼が継ぐ前はよく同窓会会場にもなっていたけど、最近はあまりやらなくなった。

「去年、やらなかったね~」

 

一昨年の同窓会で幹事をやると言っていた奴がやらなかったから、去年はお流れ。

こうなると、ズルズルご無沙汰記録を更新してしまう可能性が高い。

でも、こうやって偶然会って同窓会のことを思い出した奴が2人いるということは、

今年はきっと実施されるに違いない。

 

移動手段を楽しむ

| コメント(0)

香川・徳島の小旅行。

 

往きは、東海道・山陽新幹線+瀬戸大橋線+宇野線

直島へは四国汽船のフェリー

直島ではレンタサイクル

琴平までことでん

こんぴらさんでは本宮までの785段+奥社までの階段を徒歩で。

他、香川・徳島内はレンタカー

帰りは、寝台特急サンライズ瀬戸

 

移動手段にバリエーションを持たせるだけでも、旅は楽しめる。

 

讃岐うどんと徳島ラーメンを満喫する

| コメント(0)

香川県を訪れて讃岐うどんを食べない、というのは難しい。

行ったことがある人は分かると思うけど、街中あちこちにうどん屋があり、

つもりがなくても、うっかり入ってしまうほど(笑)

もちろん店の数が多いからだけではなく、美味いからというのが一番の理由。

 

滞在中、5軒でうどんを食す。

1軒目は「高松駅連絡船うどん店」!

瀬戸大橋ができる前、まだ私が高松に住んでいた頃、本州と四国を繋ぐ主要交通手段は船。

その中で最もポピュラーだったのが宇高連絡船。

岡山の宇野と香川の高松を結ぶ客船。

その連絡船のデッキで売られていたうどんは、当時から地元民の間でも美味いと評判だった。

今回香川県へ行くに当たり、色々調べて、たまたまこの店を発見したので、

四国上陸後、真っ先に駆け込んだ。

 

ちょっと懐かしい味。

感動は半分くらいかな?

きっと、船のデッキという環境込みの味だったんだろうなぁ。

でも、東京ではお目にかかれないくらいの美味さ。

『ぶっかけ』で食らう。

 

2~3軒目はこんぴらさんで。

平均点。

『釜玉』と『釜あげ』で1杯ずつ。

 

4軒目は「あたりや」!

ちょっと危険な香りのする店名。

もちろん、飛び出す人の集団ではなく、真っ当なうどん屋さん。

場所が分かりにくい。

フィットネスクラブの駐車場に入り、突っ切って、右に曲がった奥にポツリ。

道路から見えないから、常連さんじゃないと入れないよね~

 

『かけ』で搔っ込む。

うどんも美味いけど、オプションで食べた『げその一本揚げ』に感動。

甘めの衣ともっちもちの歯ごたえがピッタリマッチした逸品。

 

5軒目は「一福」!

ここは知人から聞いた中で最も麺の評価が高かったので、『冷たいうどん』で。

所謂ざるうどんを、ざるに盛らず、どんぶりに!

讃岐うどんの良さがハッキリ分かるのは、やっぱコレだね~

うまいっっっっっっっっ!

かなり余韻に浸ってから、店を出る。

 

 

香川県でうどん漬けだった影響か、徳島でも麺を探し求めた。

と言ってもうどんではない。

香川以外でうどんは食べない。

ここ数年で有名になった徳島ラーメン!

 

「支那そば 巽屋」!

見た目のこってりした感じとは違い、しつこくなく、旨味だけが残る。

トッピングされている豚バラも最高に美味い。

徳島ラーメン、案外深いのかも。。。

讃岐うどんと同じくらい、充分に満喫できた。

 

うだつのある町並み

| コメント(0)

「うだつが上がらない」というフレーズは知っていても、

その語源と言われる「うだつ」を知っている人は少ないようだ。

 

徳島県美馬市脇町。

うだつの上がらない男になりたくなくて、うだつの町並みを満喫する。

リアルタイムで知らない世界。

時代劇のセットに飛び込んだような感じ。

 

近所の皿そば屋に入ると、そこには山田洋次監督のサインが。

そうそう、ここは『虹をつかむ男』の舞台にもなったんだよね。

その隣には椎名誠のサインも掛けられていた。

 

気分良くなり、藍染ショップでついつい買い物をする。

CA3E0048.jpg

今、おさかなマイスター・アドバイザーの認定証カードは藍染ケースに収まっている!

 

小便小僧

| コメント(0)

こんぴらさんから少々南下すると、車で1時間ほどの所に祖谷渓がある。

祖谷と言えば日本三大秘境の一つ。

季節ごとに変わる渓谷美やかずら橋、琵琶の滝などが有名。

 

でも私のイチ押しはこれ↓↓↓

CA3E0042.jpg

船越英一郎や片平なぎさが登場しそうな、

サスペンスドラマの舞台にもってこいの崖っぷちで、

かわいい小僧が小便を!

と思いきや、あまりの高さに縮こまったのか、出ていない・・・(笑)

 

小便が出なくたって、崖っぷちに立っていること自体に敬意を表したい。

スゴイね~!!!

 

名園

| コメント(0)

日本三名園と言えば、

金沢の兼六園、水戸の偕楽園、岡山の後楽園。

 

でもそれらと肩を並べる庭園が香川県にある。

栗林公園!

 

どちらが上か下かというのは意味の無い議論だけど、

香川県について聞かれた時は、こんぴらさんよりも栗林公園をオススメしている。

 

言葉ではうまく説明できないので、拙い写真で↓↓↓

CA3E0047.jpg

 

先週行った時は見事な梅林が紅白に染まりつつあった。

どの季節も楽しめる、そして地元民に愛される素敵な公園。

 

高松築港駅で切符に鋏を入れてもらい、3駅で栗林公園。

片原町→瓦町→栗林公園

 

オススメです!

 

I原Y純

| コメント(0)

先週四国に行ったりした影響で、食の節制は進まず、体重も80kgを切らない。

雪がおさまったので、約1週間ぶりに駒沢公園を走る。

 

途中、見覚えのあるおっちゃんが居た。

I原Y純

2人の可愛らしい子供を連れて。

テレビで見ると、濃い顔とキレキャラだけが際立つけど、実物は結構二枚目。

今日はA藤Y子アナにイジられないから、ホッとしてるんだろうね。

 

公園そばの、美味しいパン屋に入って行った。

ランチ買いに来てたのね!

 

鰆注意報

| コメント(0)

今年はサワラが豊漁。

流通価格はザックリ通常の半値。

買いだよ~!

 

と思いつつ、色々な思惑から流通段階でダブついている。

買った当日が、イノシン酸MAXで食べ頃の可能性もあるので、

サワラを買う時は気をつけようね!

 

改札鋏

| コメント(0)

香川県には、JR以外に高松琴平電気鉄道、通称「ことでん」という私鉄が走っている。

3つの線があるが、メインは高松築港と琴平を結ぶ「琴平線」。

1時間に4本。

終点琴平まで行くのは、そのうち2本。

 

こんぴらさんへ行こうと、高松築港駅で切符を買い改札へ。

カチッともパチッとも聞こえる懐かしい音。

お~~~。

まだ残ってた!

 

改札鋏

 

平成生まれの人はきっと知らないよね~

自動改札ではなく手動改札。

シャチハタではなく、鋏でパチッ!

 

しかも、切った部分が床に散らからないように、

鋏の下にフィルムケースを黒いビニールテープで巻きつけてある。

半ば化石になりつつある銀塩カメラのフィルムのケース。

 

改札鋏とフィルムケースの懐かしものコラボ!!!

いいねぇ。

 

駅員さんに

「まだ残ってるんですね~」と話しかけると、

「この方がしっくりくるんですよ」

「疲れませんか?」

「音と感触が好きですし、お客さんも喜んでくれるんですよ」

だって。

 

一方、ことでんはIruCaという、非接触方式のICカードも導入している。

PASMOやSUICAみたいなやつ。

 

改札鋏と自動改札が並ぶ空間。

ちょいと良い。。。

 

現代アートの島

| コメント(0)

香川県に行ったついでに、あちこち見て廻る。

その1つが直島。

かねてから、一度は訪れたいと思っていた場所。

アートで町おこしに成功した島。

 

多少品の無い言い方だけど、ベネッセがカネをつっこみ、安藤忠雄が全面協力している。

香川県だけど、岡山県に近い島。

 

家プロジェクト

古い家屋を改修して、アーティストが空間そのものを作品化している。

基本、撮影禁止なので、現地でないと楽しめない。

というか、写真では撮影できないものも多い。

その一つが「南寺(みなみでら)」という作品。

微かな光を体験する作品。

見えるまでに時間がかかるけど、それも含めてちょっとした感動を覚える。

 

地中美術館

箱(建物)も含めてアート。

クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルと安藤忠雄と自然とのコラボ。

モネの睡蓮の池(小さい方)素敵!

デ・マリアのタイム/タイムレス/ノー・タイムは半日居ても飽きない!

タレルのオープン・フィールドはトランス状態になるヤバイ作品!

スゴイ・・・

 

他にも見所満載だけど、時間切れで今回は早々に退散。

もう一度行きたいところだね!

 

ちなみに、銭湯までアートになっている。

I ♡ 湯

 

記憶の感覚

| コメント(0)

先週末、慶事があり、数十年ぶりに香川県へ。

私の第二の故郷。

幼稚園年中から、中学1年生までの9年間を過ごした土地。

瀬戸大橋ができる前。。。

 

田んぼが住宅になっていた。

繁華街のアーケード商店街の中はさびれていた。

映画館も無くなっていた。

 

途中、少し時間があったので、通ってたとこがあるのかどうか、車で探検。

 

まず幼稚園。

マリア幼稚園・・・健在!

昔、礼拝堂で「変な女が磔になってる~」と、髪の長いキリストを女と思い、ビビった私。

思い出満載の幼稚園。

 

次に小学校と中学校。

太田南小学校と太田小学校。

近所同士。

幸運なことに、どちらも一年生の時の新設校。

 

住んでいた社宅から通学路に沿って登校してみた。

さすがに道は忘れていたかったけど、道幅が狭い。

道路いっぱいに広がって通ったり、自転車で走り回った道が狭い。

 

もちろん狭くなったのではなく、狭く感じただけ。

それにしても、狭く感じた程度が尋常ではない。

本当に狭くなったのではと、周りを見まわしたが、手が入った痕跡はまったくない。

 

平均的な人よりも大きく成長したので、そのように感じるのか?

皆同じなのか?

道路も建物も、都会スペックが身に沁みついてしまったのか?

何が理由が分からないけど、全般的に小さく感じた。

 

とにかく無事に辿り着く。

いずれも健在!

 

何かと元気のない地方で、母校が元気なのは、ちと嬉しい!

 

ゼッケン

| コメント(0)

今日、2011三浦国際市民マラソンのゼッケンが届く↓↓↓

MIM.jpg

3/6の本番に向けて、だんだんテンションが上がってくる。

ただ、昨年の東京マラソン並みの語呂合わせが思い浮かばない・・・

 

そういえば、ゼッケンって、もともと何語?

と思いつつ、これまでほったらかしてきたが、さっきググってみた

 

ドイツ語かぁ

言われてみれば、そんな感じ・・・かな???

 

マラソンの各種大会では、最近「ナンバーカード」の方が、増えてきている。

今回は「ナンバーカード(ゼッケン)」となっており、

移行させていきたい思惑が感じて取れる。

 

私は生涯「ゼッケン」派かなぁ(笑)

 

しん×3

| コメント(0)

しんちゃん、新橋で、信州料理を食らう!

 

昨日のこと。

伝耕さんプロデュースの「iguのせかい」にお邪魔した後、

学生時代の友人と旧交を温める。

 

自称、信州通の私だが、初めて見る焼酎に少し驚き、試さずにはいられない好奇心。

 ・トマト焼酎

 ・えのき焼酎

 ・熊笹焼酎

 ・高麗人参焼酎

他にも色々あったけど、私のキャパではこれが限度。

どれも野趣溢れる味わいが、土と緑を想像させ、力強さをもらえる感じ。

 

勿論、料理にも満足。

特に馬肉の部位別(4種)の刺身としゃぶしゃぶは逸品。

 

なんとなく、信州が恋しくなる。。。

 

魚離れ?

| コメント(0)

むやみやたらに魚離れを嘆く人たちがいる。

でもちょっと違う。

 

「寿司は食うけど、焼き魚は食わない」

こっちが現状に近い。

 

さらに言うと、

「スーパーの寿司パックや回転寿司が魚食を牽引している」

というのが、今の魚食の傾向である。

 

事実、マグロやサーモンの消費は好調でそれ以外がキビシイ。

特定魚種のみが市場外でたっぷり流通し、それ以外は市場経由でサビシイ。

 

魚離れのエピソード。

先日、お友達のひもの屋さんから聞いた話。

新規でひものを卸し始めたお得意さんの蒲鉾屋から、

「美味いのは分かるんだけど、なかなか売れないよ~」

と相談を受け、店頭で焼きながら試食会を実施。

 

そこへ、幼稚園くらいの子連れのお母さんが蒲鉾を買いに。

お母さんが蒲鉾を選んでいる途中、子供がニオイにつられて寄ってきたので

「ボク、これ食べてみる?」

と勧めると、

「ウチの子は、こんなもの食べません」

と母親が振り向く。

(「こんなもの」って失礼だよね~)

 

その間に子供がむしゃむしゃ。

母親ボー然。

子供はさらにむしゃむしゃ。

美味しかったんだろね。

子供は正直!

 

これって、この母子だけのことではないと思う。

親の好みや思い込みで、子供たちの食の機会は大きく失われているんだろうなぁ・・・

魚に限った話ではないはず。。。

 

新生イアン・ソープに期待

| コメント(0)

小学校の頃、3つのスポーツで表彰されたことがある。

 

1つはソフトボール。

学区内の争いだったけど、5年の時に優勝、6年の時に準優勝!

 

1つは相撲。

ちっちゃい頃から大きかったので、8割はつり出し!

ソフトボールよりは若干規模が大きく、神社の奉納相撲などで2度ほど優勝した!

 

最後の1つは水泳。

これがいちばんマトモ。

通っていた学校が県内最強で、そこでリレー選手にも選ばれるくらい!

市はもちろん、県大会でも表彰台!!

 

と、長い前フリはこのくらい。

マラソンと並んで興味のある水泳界に大きなニュース。

イアン・ソープの復活。

ずーっと復活を待っていた。

 

イアン・ソープと同じく応援していた萩原智子。

一時引退した後、復活し、今はロンドン五輪を目指している。

記録も順調に伸ばしている。

 

スポーツ選手の多くは、子供のころからスポーツ漬けで、何か偏ってしまうのだろう。

最近復活したテニスの伊達公子もそうだけど、一度引退すると、何か偏っていたものが治るのか、

或いは、別の世界を覗くことにより、心技体の「心」の部分が成長するのだろう。

 

イアン・ソープも現役を離れている間にきっと「心」が成長したに違いない。

復活というよりは、新たに生まれ変わったイアン・ソープを観れるに違いない。

 

そして、ロンドン五輪200m自由形でマイケル・フェルプスとの戦いを見たい。

 

auショップにて

| コメント(0)

ケータイでメールをスクロールしながら読んでる途中のこと。

突如動かなくなった。

19時頃。

ケータイが使えないと、多くのことに支障をきたすので、すぐauショップへ!

 

カウンター越しに状況を説明すると、

「ICカードを入れ直せば、大丈夫だと思います」

 

理由を尋ねると、

「精密機械なので、ちょっとしたズレでこうなっちゃうことがあるんです」

 

特にケータイを落としたわけでもなく、過去十数年、ケータイを壊したこともないことを主張すると、

「精密機械ですから・・・」と繰り返す。

 

そんな会話をしながら、ICカードを入れ直したら、何事もなかったように動き出した。

 

「ブラウン管のテレビを叩いて直すようなもんですかね?」

「テレビって叩いて直すんですか?」

「あ、じゃあPCがフリーズした時、電源入れ直すようなもんですかね?」

「あ、そんな感じです!」

 

若い担当の人には、家電を叩いて直す例えが通じなかった。

ややショック。

 

どんなに技術が進歩しても、論理的ではない「とりあえず修理法」があるのね。

とりあえず、叩く。

とりあえず、ICカードを入れ直す。

 

帰り道、友達に電話して、「とりあえずICカードを入れ直す」話をしたら、「知ってるよ!」

なるほど、結構経験してる人、多いのかも。。。

これまでそういう経験がなかったのは運が良かったんだね。

 

これまで、買う時以外、ケータイショップに行ったことなかったけど、

「とりあえずICカードを入れ直す」ことを学んだので、

今後、ケータイショップに行く機会はますます少なくなったと思う。

 

走る形

| コメント(0)

1~2週間前から、こんな表示が↓↓↓

IMG_1188.JPG

私のホームグラウンド、駒沢公園のジョギングコース!

この走っている人の形、見覚えがある。

 

非常口のピクトグラム

 

逃げる形というよりは、走る形なのか?

でも、避難訓練の時は、「走らずにテキパキと!」と教わった気もする??

 

同じ形が違うことを意味し、違う場所に同じ形がある。

世の中、何が繋がって、何が繋がっていないのか、分かろうとすることはきっと無意味。

 

駒沢公園に話を戻す。

元々は、こんな感じ↓↓↓

IMG_1189.JPG

「ジョギングコース」

4拍子で2小節分の文字が並んでいる。

 

そして、文字の上に目立たない人の形が・・・

IMG_1190.JPG

 

何百回も通っているのに、実はこのピクトグラムに気付いていなかった私。

文字が、4拍子で2小節分としか認識していなかった。

 

そして、それは、もしかしたら、私だけではないかも。

気持ち、逆走する人や、集団でコースを塞ぐ人、チャリで走る人が減った感じ!

気持ち、快適に走れるようになった感じ!!