やりたいことの見つけ方

| コメント(0)
伝紋wsコーディネーターの古島です。

今回は、僕が伝紋wsの活動の中で気づいた、
「やりたいことの見つけ方」について書こうと思います。

伝紋wsも、今回で3回目を迎え、
僕もメンバーも、少しずつプロジェクトの動かし方が
分かってきたような気がします。

昨年春の、伝紋wsの1回目の時は、
何をしていいのかよく分からないまま、
その都度考えながら、徐々にプロジェクトを進めていたのですが、
その中でも、特に頭を悩ませたのが、
西道さんから言われたこのひと言でした。

「古島さんは、伝紋wsで何がしたいですか?」

当時、まだどういう物かを掴みきっていない伝紋というものを使って何をしたいかと聞かれて、
僕は戸惑ってしまいました。
その時、何と答えたかは覚えていませんが、
伝紋を使ってやってみたいことなど、特になかったことは確かです。

ともかく掴みきれないまま、行き当たりばったりでプロジェクトを進めて行くと、
順調に失敗を重ねました。

しかしそこから、同じ失敗をしないようにするためには、どうすればよいか
と言う課題が生まれ、それについて考えるようになりました。

そうやって一つひとつの課題を解決しながら、
さらに1回2回と回を重ねていくうちに、
どこをどう改善すれば、より円滑にプロジェクトを動かしていけるのかなど、
より高度な課題を自分たちで探すようになりました。

現状ではその課題を、どんどん見つけては試行錯誤して改善し、
また課題を見つけては、試行錯誤して改善...と言う具合に、
プロジェクトの精度を少しずつ高めようとしています。

今、西道さんに「伝紋wsで何がしたいですか?」と聞かれれば、
僕は、プロジェクトマネジメントをより確実に、より効率よく行える能力を養うとともに、
伝紋wsをみんなが、もっと楽みながら成長していけるプロジェクトにしたいですと答えます。

僕が伝紋wsを通じて気づいたやりたいことの見つけ方とは、
失敗の中から課題を見つけ出すことです。
課題は、モチベーションとなり、目的に向かう原動力になります。

今はまだ、そう遠くまでスコープ出来ていませんが、
今後も少しずつ着実にプロジェクトの精度を上げ、
より大きな課題にチャレンジしたいと思っています。


ブログ01.jpg






コメントする