自分のしたいことを自由にするには

| コメント(0)
伝紋wsコーディネーターの古島です。
3回目の伝紋wsのこの週末に控え、少しずつ慌ただしくなってきました。
メンバー一同、参加していただくみなさんにお会いできるのを楽しみにしてますっ!

前回からずいぶん間が空いてしまいましが、
今回は「自分のしたいこと自由にするには」ということについて書いてみようと思います。

今、僕個人として、名刺に書いてある肩書きは「コピーライター」です。
ですが、会社を退職してフリーランスなった頃からそう名乗っていたわけではありません。
フリーランスになって一番始めに作った名刺には、
「コミュニケーションプランナー/デザインディレクター」という
何をするのかよく分からない肩書きが書いてあります。

今も当時も規模は違えど、基本的に僕のしている仕事は同じで、
コピーライティングの他に、広告のプランニング/グラフィックデザイン/イラストレーション/
展覧会のディレクション/プロジェクトのマネジメントなど多岐にわたります。
伝紋wsではコーディネーターですし、プロジェクトに応じて、「いろいろ」やっています。

それらの仕事の共通点で言うと、
どういう情報を伝達するかのコミュニケーションのプランを考え、
アウトプットするためのデザインのディレクションをするということで、
そういう肩書きにしました。

ただ、名刺を交換する時や、ちょっとした会話の時に
「古島さんは、何をされている方なんですか?」と聞かれても
なかなかひと言では伝えられない。
肩書きのまま言っても「は?」となってしまうし、全部説明するわけにもいかない。
結局「企画とかいろいろやってます」と言うことしかできなかったんです。
こんなこと言うとコミュニケーションプランナーが聞いてあきれますけど。

例えば雑談の中から仕事やプロジェクトが起こりそうなときも、
いろんな楽しそうなことやってるのは伝わって、話は盛り上がるのですが、
じゃあ「いざ仕事!」となった時に、結局僕にどんな仕事を頼んで良いか分からない。
いろいろやってるらしいけど、何やってる人か分からないから頼めないんです。

そんなことで、たくさんチャンスを逃してきたように思います。
でも、今やっているようなことは続けたい。

そこで考えたのが、肩書きは誰もが知っているものする。
その代わり、「その仕事の領域を拡大していく」ということにしました。

僕はコピーライターと名乗っていますが、
プロジェクトの運営もするし、デザインのディレクションもする。
イベントの司会もするし、イラストも描く。
これらを全てコピーライターの仕事の領域にしてしまおうと考えたのです。

なぜコピーライターかというと、それが一番自信のあることだからです。
そういう軸を決めることで、自由に自分のやりたいことができる。

今はまだ、修行中ですが、
いつか人から「いろいろやってますが、コピーライターなんですよね?」と聞かれた時、
「いろいろやるのがコピーライターなんです。もちろん良いコピー書きますよ」と言えるように
なろうと思います。


ブログ02.jpg




やりたいことの見つけ方

| コメント(0)
伝紋wsコーディネーターの古島です。

今回は、僕が伝紋wsの活動の中で気づいた、
「やりたいことの見つけ方」について書こうと思います。

伝紋wsも、今回で3回目を迎え、
僕もメンバーも、少しずつプロジェクトの動かし方が
分かってきたような気がします。

昨年春の、伝紋wsの1回目の時は、
何をしていいのかよく分からないまま、
その都度考えながら、徐々にプロジェクトを進めていたのですが、
その中でも、特に頭を悩ませたのが、
西道さんから言われたこのひと言でした。

「古島さんは、伝紋wsで何がしたいですか?」

当時、まだどういう物かを掴みきっていない伝紋というものを使って何をしたいかと聞かれて、
僕は戸惑ってしまいました。
その時、何と答えたかは覚えていませんが、
伝紋を使ってやってみたいことなど、特になかったことは確かです。

ともかく掴みきれないまま、行き当たりばったりでプロジェクトを進めて行くと、
順調に失敗を重ねました。

しかしそこから、同じ失敗をしないようにするためには、どうすればよいか
と言う課題が生まれ、それについて考えるようになりました。

そうやって一つひとつの課題を解決しながら、
さらに1回2回と回を重ねていくうちに、
どこをどう改善すれば、より円滑にプロジェクトを動かしていけるのかなど、
より高度な課題を自分たちで探すようになりました。

現状ではその課題を、どんどん見つけては試行錯誤して改善し、
また課題を見つけては、試行錯誤して改善...と言う具合に、
プロジェクトの精度を少しずつ高めようとしています。

今、西道さんに「伝紋wsで何がしたいですか?」と聞かれれば、
僕は、プロジェクトマネジメントをより確実に、より効率よく行える能力を養うとともに、
伝紋wsをみんなが、もっと楽みながら成長していけるプロジェクトにしたいですと答えます。

僕が伝紋wsを通じて気づいたやりたいことの見つけ方とは、
失敗の中から課題を見つけ出すことです。
課題は、モチベーションとなり、目的に向かう原動力になります。

今はまだ、そう遠くまでスコープ出来ていませんが、
今後も少しずつ着実にプロジェクトの精度を上げ、
より大きな課題にチャレンジしたいと思っています。


ブログ01.jpg






はじめまして、古島です

| コメント(0)
はじめまして、伝紋wsコーディネーターの古島です。

この度、伝耕のウェブサイトでブログを書かせていただくことになりました。

伝紋wsの目的の一つに、社会に出て5年未満のアマチュアデザイナーや美大生を
伝紋wsのプロジェクトを通して、少しずつ成長させていくということがあります。

ですのでこのブログも、僕が伝紋wsやさまざまな経験・体験を通して、
考えたこと、気づいたことを書いていこうと思います。
僕がいろいろと悩みながら、少しずつ成長していくのを、
気長に読んでいただければいいなと思っています。

このブログは、僕の成長記録のようなものなので、
まず何か書く前に僕のことを知ってもらわないと始まらないということで、
初回の記事は、自己紹介をさせたいただこうと思います。


furushima.jpg

名前|古島佑起(ふるしまゆうき)
年齢|26歳
職業|コピーライター(フリーランス)
大切なこと|想いをもって仕事をすること
好きなこと|1つの目標にチームで向かうこと
これから挑戦したいこと|お金になる仕事とならない仕事のバランスをとること

大学は大阪にある芸術大学で、プロジェクトのプロデューサーを育てる学科にいました。
大学時代は、広告とデザインが好きで、
自分たちで企画した展覧会やイベントの広告などを作ったりしていました。
今もそのままの流れで広告の仕事をしたり、
プロジェクトの運営やマネジメントをしたりしています。

こんな感じです。
伝紋のブログにも書いてありますが、
伝紋wsでは、コーディネーターとして、
学生たちと毎回失敗を繰り返しながら、試行錯誤をしつつ、
楽しく活動しています。

こんな僕が、自分のペースでコツコツ更新する古島ブログ、
よろしかったら、たまにのぞきに来てください。
ではっ!