伝紋®ワークショップ

今の自分を伝える紋=伝紋®というものを定義し、伝紋®をアーティストの卵たちが、クライアント役の参加者に対して作るワークショップのプログラムを設計し、最後に実施してから早くも数年が経ち、本日久しぶりにそのワークショップ開催の機会を得た。

お陰様で今日のセッションは想定外にスバラシイ結果がたくさん見受けられたのだけれど、その上で、つくづく、私の作るものは、やってみなきゃわからないものが多いな、と思った・・・。まあ、いいものだけれど、アウトプットが想定できにくいテーマを扱うので、興味を前提とした認知の獲得となれば、その努力は大変なのである。

いや、しかし。今日はありがたいことに、ひらめくものがあった。

明日は、ひらめきに導かれて動いてみよう。