「楽しむ」ということの次元

孔子によると、

「子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者」

これを知る者はこれを好きな者にかなわず、これを好きな者はこれを楽しむ者にかなわない。

 

「知る」ということは、対象についての知識だけが頭の中にある状態で、感情が動いていない。

「好き」ということは、対象に対して、知識があり、感情は動いているが、身体が動くまでには至っていない。

「楽しむ」とは、対象に対して知識があり、感情が伴い、身体が動いている状態。

人間まるごと、その対象に対して、働きかけている状態のこと。

 

さて、

「持続する」ことは、何かを成し遂げるために必要なこと。

「持続する」とは、言い換えれば、一度しかない命の時間をその対象に賭け続けることに同じ。

「知る」・「好き」を越えて「楽しむ」ことができない対象に、一度しかない命の時間を賭ける必要はない。

 

そんな風に思います。