衰退の中の仕事

すでに後退戦に入った私の仕事は、、とりあえず上昇志向に裏打ちされたOver specに基づくいたずらな精度追及ではなく、起こりうる事象についての経験的なパタン分析によって推測される望ましい精度の画定からはじまる。

と言えば聞こえはいいが、要するに無駄打ちに耐えられない状態であるが故の対処方略に過ぎない。

 

でも、無駄うちしなきゃ、と頑張る場合もある。

それは無駄うちしないと決めた後で、明らかに外れ値として目立ち、

その根拠を探ってみたときに、左脳右脳で目立ちの理由を納得してしまい、

結果、柄にもなく、外れ値に対して実際に頑張ってみた後、予想外の結果を得て、

無駄うちの意味を悟ったときである。

これが、たまに、ある。

 

そういうものについては、

今までよりもずっとずっと愉しんで、ずっとずっと大きなアウトプットを出したいと思っている。

「 」つき、「絶対」外れ値という対象。

 

こんなものにコミットすることは、わたしの新たな欲のかたち。