ボストン美術館展

昨日、会期終了間際、やっと行ってきた。

尾形光琳の松島図、なんとグラフィカルなんだろう。なんとアイコニックなんだろう。先鋭的ですらある。

最近高島屋の季節を彩るグラフィックデザイナー、キーやんが描いたと言っても区別がつかない人もいるかもしれない。

 

本質をつかむ力。本質を表現する力。

一方で、お金と時の権力に負けてそれを手放す文脈の脆弱さ。

戦争に負けたから、お金がないからといって、文化の誇りは手放してはならないのに。

 

美しい日本、というのなら、まだ、足元見られて出すお金の余裕があるのなら、

すべてを買い戻して、この国の力で完璧に保存し価値を発信してほしい。