始点

| コメント(0)

会社を作り、NPOを始動させて、やっと自分がやりたかったことの始点に立てた気がする。

何をやればいいのかという迷いと、やりきれるかどうかへの不安、資金不足、サポートしてくれる人が見つかるかどうか。

いろいろな不確定要素が積み重なって、整理できないような状態の時期もあった。

そして、やりたいことの一つに到達するにも、あまりにも長い道のりがあるような気がした。

今は、いくつかの問題が解決し、サポートしていただける方も集まってくださって、

どのルートでいくか、いくつかのオプションがあって、

オプションの中身をシミュレーションしている状態。

 

そう。

実際、傍目には何も進んでいないけれど、

とりあえず、ここからはじめてみようという始点を認識できた状態が今。

あまりにも長い道のりがあるような気がしていたが、実際その通りなのだ。

何をやろうとしても、道のりは長い。

でも、重要なのは、道のりの長さではなく、長さに臆することのない気持ちの強さ。

長さに臆することから脱却して、はじめて始点が決められる。

何もはじまっていないかに見える始点にも意味がある。

 

コメントする