2012年7月アーカイブ

夏の備忘録

| コメント(0)

会社のオリーブ、一本が枯れかけていたのに元気になった。

夏休みの予定がない。

白い靴が欲しかったのに買いそびれている。

大きなつばの素敵な帽子、かぶっておでかけ、いつにしようかな。

1時間だけきゅっと冷やした桃を頬張って食べなきゃ。

いい香りのするお線香が欲しい。

 

こんなリストを書きだしていけばきりがなく、どれもこれもビジネスの成否や、

家族の健康には影響しそうにないが、

あと一日しか命がないとすれば、気になって仕方がないのは、

意外と、夏の備忘録レベルのことだったりするんじゃないか、

と、ふと思い、

人の一生のささかやかさに思いを馳せてみたりして。

新橋丹波屋

| コメント(0)

最近はささっと東京に行って帰ってくることが多く、そのときに頼りになるのが立ち食いの蕎麦屋。

先日、新橋近辺に行くことがあり、ちょうどお昼前で、チャンス!とばかり念願の丹波屋に入った。

こういうお店に詳しい人に教えてもらってはいたが、なかなか行けずにいたのだ。

本当に小さな店で、6人も入れば一杯。

うーんと迷ったあげく、冷やし春菊おろし蕎麦(そういう名前だったような・・・)をオーダー。

冷やしの蕎麦の上に、春菊の天ぷら、わかめ、大根おろし、そしてお好みで唐辛子をのっけるのが丹波屋流。

 

おだしは、東京には珍しく、薄味。めんとの絡みもよく、天ぷらの衣の量と油の残った感じも絶妙だった。

好みでのっけた唐辛子との相性は抜群!

天ぷらの衣部分の油のしつこさを打ち消す効果があるのかしら。

ごちそうさまでした~。

 

440円だったっけ?とにかく500円でおつりがある値段、すごすぎます。

 

 

tanbaya.jpg

かつて金魚

| コメント(0)

この金魚、我が家で5年目ぐらいだろうか。

最初は「いりこ」よりもちっちゃかったのに、

いつの間にか、太った小アジぐらいになっている。

 

エサを所望するときは、ばちゃばちゃはねて音をだして

人の気を惹こうとする。

 

最初から一匹だったのではなく、4匹ぐらいいたのだが、

ある日、酸素ポンプが壊れて、3匹がおだぶつになり、

生き残りの一匹がこいつ。

 

酸素も独り占めしたのかと勘ぐってしまう。

とにかく、やる気まんまん、

人間にもいるよね。

私が金魚だったら負けそう・・・。

いや、単に負けてるわけに行かないから、

だったらガチンコ勝負の前に活路を見出す孫子の兵法で行こう、とか

いろいろ、生き残る戦略について考えさせられるのである。

 

 

我が家の魚.jpg

 

 

 

 

 

 

 

仕事のクセ

| コメント(0)

実は引きこもり!なんです、というと、鼻で笑われるのだが、

あちこち行っているのは仕事をしているからであって、

もし会社やる、なんてことをしていなければ、

一日中家にべったり居るのが好きなのである。

朝起きて、ゆっくり朝食を取り、そうじして、

午前の読書をしてから諸事活動。

食器を出して眺めてみたり、ジャムを作ったり、

保存食を作ったり、などお料理が好きなのであるが、

都会のマンションでこれをやるのはイヤ。

 

大阪に引っ越す前に済んでいた地方の一軒家は、有る程度の広さがあったから、

並行処理の余裕があった。

やりかけていたものを放置して、またしばらくしてやりはじめるということも

できるサイズだったのだが、都会のマンションはそうはいかない。

一回一回、何かするたびに片付けないと、泥棒が入った後のような

散らかりようになる。

 

って書いてみると、いくつかのことを同時に、自分のペースでにじにじとやれる環境や、

仕事の仕方が好きなんだとふと気づく。

会社員のように、与えられた仕事を一回一回きっちりやる、というマンション暮らし的仕事の

パタンは私には向かない。

 

会社をやるって、私のようなマイペースひきこもりタイプの人にはぴったりなのかも。

 

イタリア製社用車!導入

| コメント(0)

伝耕もめでたく第五期を迎え、これまで貢献著しい弊社取締役からの切なる願いもあり、

はじめて、社用車を購入することになりました。

それもあまり実用的ではないイタリア製。

しかし、そこはイタリア車。

お約束のように、楽しくて粋な感じ。

この手のものに興味がない私もちょっと乗ってみたくなりました。

 

コレです↓

社用車1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空色のBianchi Sports.

残念ながらロードレースには出る予定はありませんが、これに乗って社会保険事務所や税務署に行くのです。

 

社用車2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕まつりの思い出

| コメント(0)

七夕が終わったと思ったら、すっきり晴れた空。

ま、そんなもんですね。

夏祭りが目白押しの寺町。今年の四天王寺の七夕祭り、ちょっと振り返ってみます。

ライトアップされた大門前に七夕飾り。夕闇によく映えています。

七夕まつり1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 B級グルメの屋台と五重の塔。お寺は懐が深いのです。

七夕まつり2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、でも違う角度から見ると、お願いがしたためられた短冊でいっぱいの笹のトンネル。こちらもライトアップされて、

五重の塔とコラボ。お願いが叶いそうです。

七夕まつり3.jpg

節電の夏

| コメント(0)

昨晩は暑かった。節電のインパクトを今年最初に身体的に感じた夜。

 

そういえば、伝耕オフィス一昨年は冷房がなく、氷を山盛りにしてしのいだ。

昨年は冷房があったものの、節電のため、あまり冷房を使わずに済ませた。

 

小さいころは、30度を過ぎる日はそれほどなく、真夏にプールに行っても

肌寒いぐらいの日もあった。熱中症なんていうコトバも聞かなかった。

 

そんな夏を懐かしんでも仕方がないが、とにかく今年も暑い、らしい。

 

氷山盛りの黄色い家で、暑い夏の楽しみ方アイデアワークショップ、でもするかな。

 

 

 

 

 

 

 

新世界100年

| コメント(0)

凱旋門とエッフェル塔のミックスが初代通天閣の姿。

新世界100周年になりました。

かつて大大阪と呼ばれた大阪。

昔の写真からは当時の「最先端」を謳歌する雰囲気が伝わってきます。

これ、まるでテーマパークですね。

 

東のスカイツリーの賑わいも、100年後にはこんな風に見えるんですかね。

 

wlf12070310560011-p1.jpg

 

夏越しの祓えは済んだか

| コメント(0)

愛染まつりは、夏越しの祓え、がテーマ。

1月から6月の雑念・雑菌とおさらばするために行われる。

暑さ・湿度が増し、病原菌の繁殖する前に、捨てるものは捨て、取り替えるものは取り替えておく。

水や衛生用品がない昔の知恵。

 

12月年越しの大祓えは、全国区。

ちょうどその半年前の6月終わりから7月にかけて、

大阪では夏を迎えるための総点検がこの時期に行われる。

このお祭りの3日間は毎年、必ず一日は雨に降られて、必ず一日は酷暑と決まっている。

ほら、ちゃんと祓わんとエライ目にあうぞ、という脅しのある天候に恵まれているのだ。

今年も無事3日間が終了。

ほっと一息です。

愛染まつり.jpg

 

 

 

第五期始動

| コメント(0)

今日は第五期の始動。

日曜だけど7月が始まったので、伝耕オフィス、黄色い家に行ってみる。

今日の風景。

机増殖.jpg

 

 

 

 

 

我が社、黄色い家フェチの人(そんな人いるんだろうか?!)は、あれっ??と思われるかもしれない。

こんなに机が広かっただろうか?と。

 

はい。

5期開始を記念して、同じ机を調達しました。

20年前に、ボーナスを握りしめて買いに行った机(奥の方)を会社用に使い始め、

なんとかかんとか、4期を終了し、さすがに手狭になったので、全くおなじ机をオーダー。

まだ、新しいので木目が塗料の中に沈んでいますね。

手前の机も、時と共に、奥の机がそうであったように、

この木が持っている本来の木目が浮かび上がってくることでしょう。

 

伝耕がもつ本来の木目が美しく浮かび上がるように願いを込めつつ、

第五期、スタートです。