術後2年

| コメント(0)

今日はクリニックで、胸部X線、超音波、マンモグラフィー、採血の検査。

採血の検査結果は次回だが、そのほかは検査したての画像をすぐチェックして異常なしということであった。

異常なしと異常ありの間にはどれほど差があるのだろうか、と、

小さな子宮筋腫が映る画像の超音波画像を見ながら思う。

 

巣くう細胞とそうでない細胞。

搾取するやり方とそうでないやり方。

未来永劫残ってしまうものと消えていくもの。

 

毎日一生懸命生きても、このちっぽけな一生、

しかし、

ちっぽけだからこそ、自分よりも遠くに行く描線を妄想してしまうというのが人間ならば、

あとしばらくは生きながらえそうだという想定のもとに、

妄想にすぎない描線すら否定しかねない国の行く末を案じたりしている

癌クリニックの私。

コメントする