zeroから1へ

| コメント(0)

1から2よりも、、zeroから1への道のりは本当に遠く感じる。

1がどんな形をしているのかさえわからなくて、

もうこのままzeroのまま終わっちゃうんじゃないかと思う瞬間が何度か来る。

これは、自分でzeroから何かを立ち上げた人にはわかることだ。

 

最初はzeroにしか見えない自分たちの力が、

自分たちを支えていく、ごくごく基本的な1にすら到達しうるのか、なんてことにさえ、不信がよぎり、

それが過ぎたら、そのかけがえのない1を保持しながら、

次なる2を目指しうるのか、について不安が募る。

 

わたしは、まだ、zeroの近くにいる。

 

コメントする