検診日と初期値

| コメント(0)

治療のために服用しているホルモン剤は子宮体ガンのリスクをあげるらしい。

なので、6ヶ月に一度の検査が欠かせない。

今日は、先日行った検査結果を聞きに病院へ行く。

子宮内膜の厚みはやや正常値を超えているが異常がなく、

今回も事なきを得た。

 

そういば、会社を始めた頃に病巣が見つかり、手術をして、

今はまだ経過観察中の身なのだけれど、

この経験はつくづく力になっていると思う。

 

晴れの日もあれば雨の日もある。

最高の調子を維持するように試みることは正しいけれど、

常に最高の調子を前提とすることは、

パフォーマンスのリスク管理として正しくない。

 

私にとって、

検診日はリスク管理に思いを馳せる日で、

自分の日常基準を最高の調子より少し下にあわせる、

初期値確認の日なのだ。

 

ピサの大学.jpg

 

 

 

 

 

コメントする