わからない

| コメント(0)

この2週間で、少しすっきりしたことがある。

 

それは、わからない、ということを天下晴れて言える身になったということだ。

アートなんかわかんないんだから。

わ・か・ん・な・い!

あー、気持ちいいこと!

 

でも、2週間過ぎてみたら、結構、あ、そっか、とわかってきたことも多かった。

学びはじめだから学習曲線の勾配が急上昇しているのである。

 

一方、

調査とか、マーケティングとかそのあたりのことは、下手にキャリアが長くて、

わからない、と言いにくいのだ(けっこう、言ってるけど)。

だって、日進月歩のSNSの潮流の中で、何が短期的に効率的で、

長期的に意味のあるマーケティングとコミュニケーションなのか、そのためには何をどのように調べればいいのかなんて、

実は、わからないことの方が多いのである。

でも、あんまり「わからない」と言っていると仕事にならない。

なので、FBもTwitterもブログもやり、自分の中でラーニングプロセスをしくんで微調整したりしている。

それでも、検証不可能なことが多いから、わからないことも多いのだ。

 

ある軸の設定ですでにプラトーになった学習曲線を、

別の違う軸が書いてあるグラフに移して、もう一度書こうとしている状態に近いのだが、

横軸の時間推移に対して、いちはやくプラトーに達しようとするあせりと、実際のプログレスの間に差が常に生じて、それ自体がストレスとなって進まない。

これも、だってわかんないもん、って言っていいのだと思う。

 

わかんないけど、今のところ、仮説①・②・③があるよね、っていうことが本当は求められている。

仮説に対してさえ絶対を求める相手がいるということも仮説の中に入れて、仮説として対応する。

 

わかんないから、わかる範囲で仮説を作って、それを自ら問うてみる。

きっと当座の正解はこうだろう。

コメントする