日記

| コメント(0)

ブログは日記だ。

「活用法」なんて下心満載のありようも勝手だが、基本は公開日記だ。

公開日記のいいところは、一応、公開だから、意味がわかる日本語で書き残そうという

自分なりのシバリ基準が満たされることだ。

非公開日記ならば、なんとはなしに張り合いに欠け、毎日は続かないだろうし、ミミズがはったような字で綴られ、

意味不明の文章となるに違いない。

 

それに対して、ちょっとは体裁を整えなくてはならない公開日記は、よそ様には価値がなくても

自分の記録としては最低限の客観性が保たれて、しばらく日が経ったあとのレビューにも耐える。

 

昨年の今日は、乳癌検査手術入院の退院翌日。

たしかまだ傷の跡が痛む胸をきつく巻いて、奈良、薬師寺に行き、

修復前の東塔を前に思いを馳せていたのだった。

 

修復後は生きているのだろうか。

修復の終わった10年後にまた来ようねという約束が、

申し訳ないけど、少女っぽく感傷めいて、ばからしく感じたことを強烈に覚えている。

 

だって、生きてるか、死んでるかわからないんだから。

会えないかもしれないのである。

だからこそ、今、ここにいるんじゃないの。

10年後、会おうなどと、安易なことを言うな、

そう思った、たしか去年は。

 

今年も、その心持ちに基本、変わりはないが、

会えないかもしれないしね、そのときはそれなりによろしくね、とやさしく言えるのだ。

具体的に、誰が、というのでも、どういう事情によって、でもなく、

人生、いろいろなことが起こるから。

 

日記による自分レビューが少しできるぐらい、ブログがたまってきた。

まずはそれができたことに乾杯。

重低音で、被災地のことをずっとおもいながら。

コメントする