再会

| コメント(0)

今日はほぼ30年ぶりに同窓生に再会した。

ああ、生きてて良かった。

 

自分というモノがよくわからず、ぐじゃぐじゃしていた時期もあったが、

ま、これでいいかも、と最近思えるようになって良かった。

 

全然変わってないし、昔からそうだったよね、と言われると、

何を迷っていたんだろうと改めて思う。

 

選民主義の親類の中、

能力が足りないと判断され、まったく期待されずに育った私。

若い頃は、とりあえず、見合いさせとけ、とばかり、積まれた釣書。

積まれた釣書の高さは、期待されていないレベルとほぼ同値。

 

興味を覚えないと、勝つことに意味も価値も感じないので、まったくやらない。

そういう自分に気づいたのは成人を過ぎてからである。

それに気づくのが遅かったという意味では、確かに能力が足りない。

 

あ、そっか、という気づきが何回も訪れて、その度に自分の人生を再定義できる。

生きていると、それなりにいいことがあるもんだ、と思う。

 

コメントする