残像と委託

| コメント(0)

明らかに次の世代のほうが、来たるべき時代についての適応力は高いものである。

そのあたり、分別のついたジジババはよくよく理解して事に当たらねばならぬ。

ジジババが少なければ、たいして問題とならないこんなことも、

ジジババだらけになると、コメントしておかなければならない時代。

 

さて、今日は伝耕分室にゲストが。

十数年前のキャリアの時にご一緒した才女である。

本当にうらやましいくらい、美しく、かわいく、優秀な彼女であったが、

もちろん、その要素は変わらず、

十数年の時を経てお会いしてみると、

加えて○○○の要素を前面に出してきた彼女であった。

要するに来るべき時代の適応力100%ということである。

 

あ、そうなのね、そうなんだ。

 

そうやって、もしかして委ねられてきたのかもという残像を胸に、

(いや、こんなにかわいくなかった!と冷静に考えてみながら)、

次に託すチームを夢見る。

 

 

 

コメントする