界隈でひらくiguの世界

| コメント(0)

街の中に、合理と非合理な要素が融合して成り立っている状態を、

都市計画の中で「界隈性がある」

という表現をするらしい。

界隈とは、もともと付近、といった地理上の範囲を記すだけではなく、ある種「猥雑」なものを包摂するというように場所の意味を含むことば。

「iguのせかい」のための搬入作業を夕方から実施。

まさに、銀座の大通りから外れたあたり、「銀座界隈」と呼ぶにふさわしいエリア。

老舗、飲食店、バー、画廊、いろんなものが雑多に入り交じっており、全体としてなんとなく銀座の雰囲気を漂わす。

 

合理的な世界を突き抜けて、非合理を楽しむ、といった、遊びのオーラが似合うそんな街。

「iguのせかい」、いよいよ明日、1/31(月)から2/6(日)まで、銀座月光荘画室2*にて開催です。

  *月光荘 画室2 :銀座8丁目7-18

コメントする