伝耕分室ジャングル計画

| コメント(0)

この酷暑、クーラーを買うより前に、植木や観葉植物を導入する会社。きみょうきてれつだなあ。

それというのも、亜熱帯になりつつある日本、ことさらに湿度が高いディープ大阪の分室をジャングルにするため。

ジャングルの中の木陰は涼しいもん、ってか。

 

とにかく、電化製品を選んで工事の手配をするのが面倒なゆえ、ということもあるが、

涼しい気分になれそうだったので、エバーフレッシュという観葉植物を導入。

 

玄関に置いてみた。

夕方、伝耕分室は打ち水の時間。

東西の風が吹き抜けて、暑さにかげりが見える頃、エバーフレッシュさんは、

打ち水の名残が残る玄関で涼しげに揺れていた。

エバーフレッシュ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関に打ち水をすると、アプローチの階段を水が流れていく。

盛り土のしてある土地に建っている伝耕分室は玄関が2階の高さ。

階段を滝にみたてて水を流すと、さーっと気持ちいいなあ。

 

月末には、えとじや お。さんが、暑さ覚悟、海の家訪問気分でお越しになるそうです。

氷やさんに大きな氷、注文しときましょかね。

夏の余韻を楽しむには、氷扇風機の趣向で。

余韻どころか、まだまだ暑そうだけれど。

 

コメントする