お参りと時計

| コメント(0)

墓守をしておりますので一心寺にお参り。お盆を控え、お墓のお掃除も丁寧にすませてすっきり。

一心寺の境内の中から外を見ると、左下に黄色い家が見えますね。

あれが伝耕分室。仁王さんに睨まれているというか、守られているというか。

一心寺お参り.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日はなんとあのオールドセイコー嬢の修理が済んでご帰還の日でもありました。

外観は修理前と同じようにあでやかに美しい彼女ですが、一つ新しい発見が。

時報がなんと鈴のように可憐な音色。

こわれていたので、音色は知らなかったのです。

みなさんにお聴かせできないのが残念ですこと。

 

100歳を超える彼女、少なくとも、私が生きている間はつきあってね。

修理済みオールドセイコー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする