シンプルにすること

| コメント(0)

出張の多い仕事をこなしながら、家のこと、子供のことをする場合、家のこと、つまり家事という存在を無視する、というのが今までのやり方だった。

もちろん、家事をやらないわけではない。家事一般、掃除洗濯食事のあれこれは、すべて、仕事の合間にし、それ自体に意識した時間を振り向けず、

猛スピードでやるというのが今までのやり方。意識すると、やらなくてはならない作業量だけで気が遠くなるから。

 

けれど、退院後、家事を猛スピードでできなくなったので、存在を意識して向き合わざるを得なくなった。

 

で、やり方を考えている。

ステップを省く、やりかたのバラエティを少なくする、使う機材を減らす、そんなこんなを試して大型リストラを試みている。

家事は細かいモジュールの積み重ねであり、なおかつモジュール相互が依存しているつくりになっていることが多いので、

(例:洗濯ものをたたむこととしまうことは、別のモジュールであるが、たたみ方はしまい方に依存している)どうすればいいのか、

検証しながらやってみるしかない。

 

あ、家事じゃないけど、お肌のお手入れもリストラ。

メイクさえきちんと落ちていれば、石けんで顔を洗う必要はないみたいですね。

なので、洗顔料カット。買うものも少なくなったし、ステップもシンプルに。

 

この勢いで、しばらくの間、いろんなことを捨てたり省いたりするのだろう。

要するに、そういう時期なのだと思う。

 

 

 

 

 

コメントする