マタイ受難曲

| コメント(0)

ここ最近、私のブログの内容が薄い。

仕事の方のアウトプットが多いので、そっちですっかり満足してしまっているのである。

 

で、仕事から得られた中身を加工精製したものをアウトプットしようと思うと、

かなりのエネルギーの補充が必要で、ちょっと息切れしてしまう。

手術からひと月たったが、退院からひと月経っていない。

スーパーウーマンではないので、今時点ではこれぐらいのペースがトントンの調子なのだ。

 

なのでちょっとずつ思いを巡らしている。

人の気持ちや考えをひもとくいろいろな方法について、

思いを巡らしているのである。

 

パワーポイントに書いてかっこよく見えるような、「それらしい」ものを作っても仕方ないな、と思っている。

「それらしくない、楽しい方法」について、バッハを聴きながらかんがえている。

 

***

私の場合、行き着くところバッハ。

おきまりすぎて恥ずかしいが、病気をしてその照れもなくなったので、断言すると、

その中でも、やはり、マタイ受難曲である。

ありとあらゆる感情がストーリーをもって押し寄せてくる。

 

ありとあらゆる感情をどうひきだしひもとけばいいのか、

マタイ受難曲を聴きながら、メスあとが8割がた癒えた身体でかんがえている。

 

コメントする