ブランドもの

| コメント(0)

一世を風靡したブランドものが売れなくなったという声を聞いてからしばらく経つ。

売れなくなった、という時代を経て、ブランドってあったっけ?という状況になっているような。

忘却ほど恐ろしいものはない。

認知を活性化するために、トレンドの風を使いたいところだが、現在、ブランドがらみは無風に近い。

 

かつて、ブームだった頃。

新品らしきブランドバッグを持っているコのサンダルが、どこから見ても明らかに安物だったりすることは、

あんまり気にならなかったが、今はそうでもない。

「バッグばっかり目立って、ダサくない?」

一点豪華主義はかっこわるい、というムードになると、大衆に売れたことにより下支えされていたブランドは総崩れ。

ひとつだけでも買えば、満足できたのは、「ひとつだけ」に対して、世間の目の許し、があったから。

 

今はその許しはない。

マーケティングにとっては、障壁ですね。

コメントする