悪玉

| コメント(0)

自分のことは、自分でわからない、とはよく言われることだ。

「自分のこと=自分の心と身体」というように、もう少しブレークダウンしてみると、

それが見えないもの(心)、見えてもその働きについてよく知らないもの(身体)というのは、

ようするにわからないものなのだ、と納得する。

 

さて、

ガンと言えば、ステージという分類が知られているが、ガンにも顔つきというものがあって、

ガン細胞の有り様(ガンの分裂具合と、正常細胞との乖離=顔つき)の違いにより、

ステージの実質的な意味も異なるらしい。

悪性度の高いガン細胞の写真を見ると、いかにも悪玉な感じがして、

「いかにも悪性」と判断できてしまえそうだが、

乳ガンの場合は、悪玉度の判断が難しいらしく、

悪玉と思えば、たいしたことなく、

さほど悪玉でもない、とたかをくくると、結構悪性だったりして、

相手の出方を計算して化けることなど朝飯前(?)の女性中心のガンにふさわしい有り様だったりするらしい。

 

つい、自分が関係する話であることを忘れておもしろがってしまう。

コメントする