画家須田国太郎のこと

| コメント(0)

謡の名手でもあった。

甥っ子氏の回想によると、

「叔父(須田)が電話をたまにくれて、これから金剛の能楽堂へ行くけども、付いてくるかっていうんです。

私は大喜びで付いていきます。私は舞台に目を向けようとしているんですが、隣に座っている叔父は、

目はきちんと舞台を見ているんですが、手は動いている。スケッチブックを広げてクロッキーをしている。

全然自分の手元は見ない。ちゃんと舞台を見ている。謡のことは全部分かっている人ですから、舞台を

見ながら手を動かしている。ほんとうにびっくりしました。...」

油絵作家の彼はドイツ語でゲーテを読むかと思えば、日本の古典にも通じていて能に限らず、

井原西鶴も語れる。

晩年は畳の上に正座して、イーゼルを前に立てて絵を描いていたそうだ。

そういう人が今生きていたら、お会いしたい。

コメントする