リズムの狂い

| コメント(0)

世のなかのうごきがせわしなくて、

生まれたらなかなか死ねないのに、

ゆっくり進歩することがゆるされないなんて。

 

すぐに何かができるようになることを求められても

その何かはすぐに忘れ去られてしまう。

生まれ変わっても今の仕事をしていたい、と

言える人はどれぐらいいるのだろう。

 

地球のなかで、

ゆっくりはぐくまれてきたものを

急速に破壊することはできるが、

命にかかわる本質を急速に生み出すことはできない我々は、

いったい、何をはぐくむために生きているのだろう。

コメントする