視界不良

| コメント(0)

さすがに今日は滑走可能なキロロゲレンデだが、風は強かった。

途中で刻々と眼鏡が凍りついてくるのがわかるし、さらにふぶいて、前がほとんど見えなくなった。

かすかに見える、前の人のウェアの色と、足の感覚だけを頼りに滑り降りる。

まあ、いいや。着いたし。

 

「今の」コンピュータは視界偏重で、ちょっとしたことも見えてないと、全くダメになることも多いが、

あたり前だけど、スキーはそうじゃなかった。

 

PCや携帯に全能感を持って、今のコンピュータに必要な視覚に頼りすぎるのもどうもね。

そんなことしていると、いつか、ハンプティ・ダンプティみたいになってしまいそうな気がする。

戻れなくなったらやだな。

 

Humpty Dumpty sat on a wall.
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses and all the king's men
couldn't put Humpty together again.

ハンプティ・ダンプティ へいにすわった
ハンプティ・ダンプティ ころがりおちた
おうさまのおうまをみんな あつめても
おうさまのけらいをみんな あつめても
ハンプティを もとにはもどせない

(英語はWikiから、日本語はたぶん谷川俊太郎訳)

 

 

 

コメントする