私家版坩堝

| コメント(0)

「人種のるつぼ」、の「るつぼ」を漢字で書くと「坩堝」だということをはじめて知った。

ニューヨークはもう人種の「坩堝」ではなく、溶けあわない「サラダボウル」になってしまったらしいが。  

 

伝耕は最初しばらく「私家版坩堝」にしていきたい。  

 

ゼロからやっているのに、エクイティとかのれんとかそんなものすぐにできるわけがない。

芯のある何かはあったにしろ、きっと誰かの、どこかの受け売りだったりするんだろう。

なので、一回溶かして、とろとろ、どろどろ、ぐつぐつやる時間がいる。

そこでできた「摩訶不思議な液」を固め鍛えたら、本当の芯ができるんじゃないかと思う。 

 

るつぼ、を、Wikiで調べてみると、こんな映像が出てきた。

左下のきらきらしたのが「白金製」のるつぼ、右上の透明の容器が、るつぼにかぶせるマッフルという蓋物、

後ろの金属は、るつぼをはさみ持つためのトングである。 

るつぼ.jpg「るつぼ、坩堝」、並べられたひらがなと漢字には、

ついさっきとは違う瞬間が生まれては消えるを繰り返す、

楽しさとおどろおどろしさが混じり合ったイメージが潜む。

その容器は思いの外、シンプルかつキュートなものだった。  

 

 しかし一見、ステンレス製に見える左の坩堝、白金製らしい。

安くない代物だ。 

中身を溶かそうと思ったら、それに耐える容器がいる。

 

 

そこら辺にころがっている素材ではそんな容器は出来ない。

そりゃそうだ。 

 

私家版坩堝、なんて公言してしまい、うっ、となる私。

そこら辺にころがっている素材なんだけどな。

ま、逃げちゃダメだね。

コメントする