鶴澤寛治

| コメント(0)

国立文楽劇場、伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)、千松なぶり殺しの後半の開始、

鶴澤寛治の撥(バチ)が刀のように振りおろされる。

脳天から脊髄に刺さるよう。

千松哀れや、政岡哀しや。

国立文楽劇場.jpg

 

にらみ鯛

寛治が撥に

身震わす

 

 

 

何が残って、何が変わるか、そして何をするのか。

ただただ模索しながら、今日、伝耕は1周年を迎えております。

支えて下さった皆様、本当にありがとうございます。

コメントする