年末年始のすごしかた

| コメント(0)

年末年始、掃除だおせちだといっても、まあ、集中力でカタがつく、とハラをくくった。

この際、積ん読を解消しよう、ということで、 

 

「師走多忙」

印籠背負い

隠れ読む

これぞ愉しき

読書三昧 

 

今朝、鬼籍に入ったばかりのレヴィ・ストロースの講義録を読んでいたら、マインドセットについて世の中の

動きとその見方を絡めて、かんでふくめるような説明に出会った。

師走の時事放談の聴き方が変わりそうだ。

 老人にとっては、自分が若かったころ累積的に見えた歴史が、老いてからは停滞して見えるものです。

ひとたび時代の流れから身をひき、果たすべき役割がなくなってしまうと、時代は意味を失って、何ごとも

起こらないように見え、否定的な面しか見えなくなったりするのです。逆に孫の世代にあたる若者たちは

同じ時代を老人がすでに失った情熱をもって生きます。(中略)

 これもまた私たちの社会で観察されることですが、体制に反対する側の人々は、体制が進歩しつつある

ということを認めようとしません。彼らは体制をまるごと非難し、歴史の流れの外にあるもの、それが

終わってはじめて清浄な生活が再開される、一種の幕間のようなものとみなします。与党の活動家の

見かたは、これとはまったく対照的なものであり、それも彼らが権力機構のなかで重要なポストを占めて

いるほと、対象は著しいものとなります。(中略)

 ある文化を勢いのない、停滞的なものだ、と形容したくなったときには、それは私たちがその文化が

何に本当の価値をおいているかを知らず、そのために動態を欠く状態に見えるのではないかと自問して

みるべきでしょう。

 また逆に、私たちとは異なる基準をもつ彼らも、私たちの文化について同じような錯覚に陥っていないか、

とも問うてみるべきでしょう。言い換えれば、互いにまったく関心を引かないのは、単に互いに似たところが

ないからなのではないかと。



コメントする