690円の哀しみ

| コメント(0)

ユニクロが60周年だそうな。

「わたしたちの感謝を、還元させていただきます。

ユニクロのリブタートルセーター全21色。

12/12(土)-12/18(金)7日間限定価格 690円」

すてきな色合いのグラデーションのセーターが新聞広告を彩る。    

 

この広告を見たとき、いいようのない哀しさがこみあげてきた。

小銭入れの中身で買えるような価格で、こんなセーターを売る必要があるのか。    

 

自分が欲しいと思う素敵な色のセーターを探す楽しみ、とか、

素敵なモノは探せたが、ちょっと手が出なくてお金をためようと我慢する楽しみとか、

妥協して買った別の商品に満足ができず、持ち越されてしまった楽しみとか、

「待ち」の間に経験するであろう「おあずけ感」を「不便感」と定義して一掃。

「解決されましたよ、ほら、690円で」。    

 

690円で解決されるべき、何か特別な楽しみがこの後に用意されているのだろうか。

どんなレベルの楽しみを売り手は想定しているのだろうか。     

 

今年の690円が、来年は特別価格で69円になっていたとしても、全ての人が驚くわけではあるまい。

むしろ、

価格と品質の天秤の有り様を大きく変え続ける彼らに対して、

その天秤を変え続け、究極的に我らの社会にどんな楽しみをもたらすつもりなのかと、

その根源を問う人を増やすだけだろう。 

自分を含め、マーケティングだなんだと言って、肩で風を切っている・いた人達ですら、

この問いを今、自分に向けないでくれと願っているに違いない。  

 

もしくは、未だ、問われている根源のあやうさに気づかず、

マーケティング視点のケーズスタディとして声高に論じようとする人がいるのであれば、

あえて、それに耳を傾けてみたい気もする。  

 

そんなことを考えながら街を歩く。

洗練された商品とそれを手に入れる経験価値の双方を高め、ゆえにそれなりの価格を要求するデパートはがらがら。

その目と鼻の先にある、「DO IT BY YOURSELF」のための手芸材料の大規模小売店は、

完成品でもなく、洗練 されてもいない材料パーツを握りしめた人達がレジに並び、

690円より高いお金を支払っていた。 

 

あまりにも簡単すぎる完成品消費から後ずさりして、わざわざ未完成なものを買い、未完成から完成に至る時間を取り戻そうとする人たち。

その時間をわざわざお金を出して買っている。 

 

ユニクロの690円セーターを材料とし、わざわざそれ以上のお金を出して装飾パーツを買い、「自分なりの(?)690円セーター」にする人もいるのだろうな。

完成度の高いセーターが哀しくうつる、どこまでいっても哀しい姿である。

コメントする