脳内ニューヨーク

| コメント(0)

「人の一生なんてものは、歴史の流れからするとほんの一瞬」、なんてことが言われる。

ことさらな感慨を生まない表現。

 

今日見に行った映画、「脳内ニューヨーク」にて。

「世界の歴史のできごとのほとんどすべては、今、悩んだりじたばたしたりしながら

生きている人たちの生まれる前か、死んだ後に起こったことである」

正確に覚えていないが、確かこんなふうに表現されていた。

 

冒頭の表現と意味は同じなんだけれど、視点の違いでインパクトが大きく変わる。

R0010603.JPG

 

年を重ねて迎える誕生日の過ごし方。

自分の人生が、

ほんのささやかであると同時に

かけがえのないものであることを味わうための日にしてみたら、

ずいぶんと心に響く一日になった。

 

 

 

コメントする