ジャクリーヌ・デュ・プレの効き過ぎ

| コメント(0)

妄想し続けても何も整理されない。そんなことはわかっている。 が、

もやっとしたイメージの塊がからだの底から湧いてきて駆け巡り、止まらないときがある。

そんな日には、「びていこつ」に効く音楽を聞く。

もともと、「低音好き」なので、耳に突っ込んで音楽を聴くのは好みじゃない。

凝り性ではないがスピーカー派。 

今は亡きチェロの名手、ジャクリーヌ・デュ・プレのCD17枚組の連打。

R0010040.JPGジャッキーはチェロという媒体で血潮を弾く。

身体の前面にチェロを抱えて奏でる血潮は

びていこつから背骨へと、力強い流れを作る。

妄想が飼い慣らされるようだ。

こんな天才が、

中枢神経を侵す難病、多発性硬化症を発病し、

晩年は話さえできなかったらしい。

ああ、生演奏が聴きたかった。

銀行に用事があり、5枚目終了を区切りとして外に出た。

○△×、○△×、○△×、飼い慣らした妄想とお散歩。

夢見心地で谷町筋を渡ろうとしたらクラクション。

信号はまだ赤だった。

あやうく車にひかれて死ぬところだった。

あたりは寺だらけ。

助けてくれたのはどこのお寺さんかしらん。

コメントする