誘い

| コメント(0)

海を見ていたら、そのまま波の一部になって水平線の向こうに誘われているみたいだった。

Follow me to a land across the shining sea

Waiting beyond the world that we have known

Beyond the world the dream could be

And the joy we have tasted

Follow me along the road that only love can see

Rising above the fun years of the night

Into the light beyond the tears

And all the years we have wasted

Follow me to a distant land this mountain high

Where all the music that we always kept

Inside will fill the sky

Singing  in the silent swerve

A heart is free

While the world goes on turning and turning

Turning  and  falling

Follow me, follow me, follow me, follow me 

少し前に、読み始め途中で、「どっかで読んだはなし」と思って放り出した1Q84を連休が始まって、もう一度読み始めた。

そしたら、なぜか伊藤君子のFollow meが聞こえてきた。

あ、そういえば1Q84は押井守の「イノセンス」にモチーフが似ているからだよね、と気がついた。

彼女のFollow meはイノセンスの主題歌だった。

どちらにしろ、所有に価値を置かず、関係性を保つことで(血を流しながら)、あり得るかもしれない着地点を捜しがちな存在の、とある性のDNA?の有り様にヒーローらしくないヒーローが頼りすぎるのはまったくもってずるすぎる想定、との思いに、しばし、やりきれない感情が押し寄せてきて思考停止。

次の日、和歌山県湯浅にてシーカヤック。

寄せては返す波は、まさにTurning and falling.

Falling の後、またいつか。

コメントする