岡本太郎の「生きる」

| コメント(0)

 生きる-それは本来、無目的で、非合理だ。科学主義者には反論されるだろうが、生命力というものは盲目的な爆発であり、人間存在のほとんどといってよい巨大な部分は非合理である。われわれはこの世に何故生まれて来て、生き続けるのか、それ自体を知らない。存在自体、肉体も精神も強烈な混沌である。そしてわれわれの世界、環境もまた無限の迷路だ。

 だからこそ生きがいがあり、情熱がわく。人類はその、ほとんど盲目的な情感に賭けて、ここまで生きぬいてきたのだと思う。

 ところが、科学主義・合理主義は割り切れたものだけしか問題にしない。そのシステムによって動く現代社会、産業、経済機構のなかで、すべては合理的に、また目的化される。「生きる」ということの非合理、猛烈な情感は顧みられない。ほとんどの現代人は己の存在のなかの芸術家を圧殺している。だから人々は疎外され、知らず知らずのうちに絶望しているのだ。絶望しているということさえ知らないほど、深く、空しく。

(「自分の中に毒を持て」岡本太郎より抜粋)

 自分の存在に関わる欲求は非合理。自分の中の非合理性欲求を充たす手段として、「合理性のセット」を提供して売り、対価を得るのが「知的労働」と呼ばれるものの本性だ、ということを忘れると傲慢になり果てる、と思う。

コメントする