日本人を素敵に発信しよう!(伝紋ws)

| コメント(0)

昨日から東京。朝からクライアントさんのところで一日ワークショップ。その後、さっくり飲みながら振り返りをして、浅草の居酒屋浩司へ。退院されたM氏を拝見し、ほっと一息。

吉田のブログ、今度おじゃまする時は、こんな感じで!に掲載した、「超絶」ひとふでんず「居酒屋浩司の二人」を退院のお祝いにさしあげることができた。ひとふでがきだよーとお話ししたら、周囲の人々もびっくりでした。

さて、今日は帰阪して午後から伝紋ws=伝紋ワークショップ(DMはこちら)。

日本人を素敵に発信しよう!という思いで始めたワークショップも、今年の春に第一回実施して展覧会を開催し、今回は2回目。先週の日曜と今日に分けて伝紋づくりのワークショップを行い、今回もできあがった伝紋の展覧会を開催する。

じんわり深~く楽しいのが伝紋作りの過程。かつて、職人が街にあふれていて、顔の見える作り手が当たり前だったころは、こんな風にお客さんの意向を聞きながらいろんなものをこさえたんだろうな。伝紋の作り手であるデザイナーの卵さんと、作ってもらう人のやりとりを側で見ているだけでうれしくなります。 (伝紋はなぜ生まれた?はこちらからどうぞ)。

伝紋の展覧会に向けての準備も着々と進んでいるよう。単に伝紋をつくるだけでなく、伝紋のDM作成や展示方法なども手がける伝紋プロジェクトチームのあゆみも少しずつブログにアップしていきますね。

この伝紋ワークショップ、志を同じくする方々や団体とコラボできたらな、と思い始め、お会いする方に少しずつお話ししています。

お話しすると、興味を持っていただける方が多いのがうれしいですね。

では、今から帰阪して、伝紋ワークショップ開催しまーす。

コメントする