おじさんの媚び

| コメント(0)

わたしが社会に出たとき、

お茶くみとセクハラの一通りは通過儀礼だった。

通過出来ない者は、「女性の人間」として素養がないとみなされた。

あ、そう。

ま、いいか、と思って欠点ぎりぎりで通過した。

ムリしてあわせて、「優」取るために、媚びる必要なし。

どうせ、この人たち、20年したら7割は私の周りからいなくなってるし。

そうおもって、すごしてきた。

ら、

本当にそうなった。

むしろ、消失率は想定したより高かった。

そう、パレートの法則のように。

「俺らも、年取ったし、な。」

いまさら、同意という名で媚びを売られてもね。

私は計算しただけで、媚びた覚えはない。

***

 

コメントする