レジリエンス二回目

| コメント(0)

昨日は、DVの被害にあっている方のサポートやそれに関する相談・啓蒙教育活動を行っているNPO法人レジリエンス主催のセミナー、先月に引き続き、第二回に行ってきた。

その中で出た話。

日本では平成20年まで連続7年、年間約3万2千人の人が自殺をしている。

平均すると、毎日90人弱の人が、この世から去っていることになる。

ほとんどメディアで紹介されないが、それほどの数らしい。

日本は自殺大国なのである。  先進国の中では自殺率が最も高い。

仮に、インフルエンザで毎日90人弱の人が亡くなると、きっと日本はパニックになる。

同じ数の人が世を去っても、

自殺は個人のせい、インフルエンザは国のせい、なのか、と。

ちなみに、自殺者のトップは、辞職者、続いて非雇用者、年代と性別では50代の男性が最も多い。 

そういえば、ちょっと前、インフルエンザの水際作戦とかなんとか、飛行機で行った厳戒態勢。

「隣国と地続きで国境を接している外国の目」からするとちゃんちゃらおかしい。

ほとんど喜劇。

そういえば、こんなのもあった。

「関西方面から来られたお客様は、手を消毒してからお入りください」

企業の受付。

「関西と菌」というのは組み合わせが良いのか、

ま、たしかに「笑いの菌」を振りまいてはいるが。

コメントする