伝紋ワークショップ

| コメント(0)

9月6日から始まる伝紋ワークショップの新メンバーと話した。

大学三年生。私との年齢差はゆうに20才を越える。

デザインや伝紋について話すにしても、お互いに感覚を理解できる部分は多くはない。

どの共有地を選んで話すか、というのが重要になる。

こういうときは「コミュニケーションの触手」を発動させて、何に興味がありそうなのかについて探りを入れる。

探りを入れる、とはまた、言い得て妙な表現だ、と思う。

あまりに身体感覚に直結しすぎて、良い意味で使われることは少ない。

が、この身体感覚自体は非常に重要だと思う。

こどばだけでなく、表情や身体の動きを判断して、まずは相手の中にセンサーを埋め込む。

そのセンサーの発信情報と自分の中にある情報を参照して、感覚の共有地を探る。

伝紋ワークショップでは、大切なこと、好きなこと、挑戦したいこと、という、

おそらく人間として興味があろうかと思われる共有地に向かって、

デザイナーがクライアントを誘導しつつ、デザインの素案まで持って行く。

今日は私の方が触手を出す方だったが、

伝紋ワークショップでは、

デザイナーの卵さんが自分のもつ「コミュニケーションの触手」で、

クライアントに「いい意味での」探りを入れる番。

表現の前提となる触手の感度を磨ける、

貴重な機会になれば、と思っている。

コメントする