瞑怒雨(めいどう)

| コメント(0)

さっきまで晴れていたのに、みるみる空が暗くなり、雷とともに降ってくる雨を「瞑怒雨(めいどう)」と表現するらしい。それらしい表現である。夕方頃にざっと降る雨を夕立というが、長崎県の一部の地方では、夕立のことを(おそらく古い表現だろうが)、「婆威し(ばばおどし)」というらしい。「庭一面に干していた豆に雨が降り込んで、あわてふためいて片付ける婆。他の家族は田畑に出ており、借りたい手はなし。」 そんな情景なのだろう。

怒ったり、あわてふためいたり、人の感情や行動に喩えた雨の表現には面白いものが多い。

今日は午後に出先で大雨が降って電車が遅れた。鬼のしわざかと思われるような、並外れた大雨の呼称は「鬼雨(きう」。人ではなく、鬼、という見立てが、起こりうる災害までも示唆していてなるほどと思わせる。

コメントする